壁高が9.0m程度まで自立可能で、景観性と耐久性に優れた河川護岸壁や 道路擁壁、調整池などの壁体構造物および、橋台構造物を、急速、かつ低騒音、低振動で構築することができ、漏水対策も容易に行うことができます。
  • 先端部に根固め球根を築造することができる。
  • 本設と仮設を兼用できるので、仮設山留が不要となり、工期の短縮、工費の低減ができます。
  • 中掘圧入工法や自走式圧入工法(PC壁体パイラー)による施工の為、低騒音、低振動です。

3. 施工特長

2. 付帯特長

1. 力学的特長

PC-壁体工法の特長
トップ
その他の活用
会員社名簿
実績写真集
規準規格